50代柔術 初めての道場移籍

北京生活

こんにちは。
しばたく@北京 柔術初心者です。

最近、柔術の道場を移籍すること
になりました。

今回は、その経緯と道場を移籍
した感想をお話ししたいと思います。

突然の道場閉鎖

私は昨年の5月から柔術を始め
同じ道場に通ってきました。

その道場が突然、閉まることに
なりました。
その連絡は突然で、今週月曜に
館長から電話があり、火曜から
道場を閉めるというものでした。
道場閉鎖の原因で、一番大きい
のは、道場経営が行き詰った
ことです。

コロナ後も、中国経済が回復
することはなく、会員数は減り、
増えることはありませんでした。

もう一つの理由は、館長の体調
です。
もともと気管支の調子が良く
ないようですが、道場経営の
ストレスと、最近の肺炎の流行
によって、さらに悪化して
しまったようです。

移籍先、二つの選択肢

館長は、道場のメンバーの移籍先
まで面倒を見てくれました。

一つは、今の道場に近い道場。
写真を見る限り、若者向けの
おしゃれな雰囲気で、初心者も
多そうです。

メンバーのほとんどは、こちらの
道場を選択しました。

もう一つの選択肢は、今の道場
から少しだけ離れますが、
去年まで、週一回指導をして
くれていた、館長の師匠が指導
をしている道場。

去年まで道場にいた、色帯の
先輩の多くが、こちらに移籍を
していました。
私は、こちらの道場に移籍する
ことに決めました。

理由は、道場としてのレベルが
高いと感じたこと。

あとは、何といっても館長の
師匠に指導を受けることで、
今までの練習との継続性を
保てると思ったことです。

移籍後の思い

練習に参加し、正式に加入の申し込みも
してきました。

道場が違えば、練習方法も違います。
初めての練習は、体力的に非常に
きつかったです。

しかし、知り合いも多く、皆さん
親切で仲良くなることが出来ました。

前の道場では、私はかなり古株に
なりつつありましたが、新しい道場
では、色帯の先輩が多く、私は
一番の初心者に戻りました。

自分が下手になってしまった気が
しますが、成長できる機会と思って
あきらめずに頑張ります。

この記事では、私が道場を移籍する
ことになった経緯と、移籍後の

思いについてお話しました。

柔術をできる環境があること、
良い指導者がいることは当然の
ことではありません。

今、柔術を出来ることに感謝
して、努力を続けたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました